トップページへ戻る > 謎の古紙回収

謎の古紙回収

"あなたの近所の古紙回収は、新聞と引き換えに何をくれますか?
「何もくれない。持って行ってくれるだけ」
「ゴミ袋をくれる」
「トイレットペーパーをくれる」
そんなところではないでしょうか。私も、以前はそんな感じで、とくにその状態に疑問も覚えませんでした。

ところが!今の地域に引っ越してきてからというもの、回収に来る業者さんがあまりに不思議なんです。
まず、ゴミ袋をくれます。それも、新聞屋さんがくれるようなぺらっぺらの安物ではなくて、分厚い、いいものです。
それも、一枚や二枚ではなくて、十枚くらいくれるんです。
これだけでも100円以上の価値がありますよね。

しかも、ゴミ袋だけでなく、小銭もくれるんです。
私が新聞を出した場合は数十円程度なんですが、うちの子どもたちが出すと「数百円」くれます。

ね!どう考えてもおかしいでしょ!?
我が家の古新聞に、数百円もの価値があるとはどうしても思えません。
こんな大盤振る舞いをしていて、なぜこの子供好きの古紙回収業者はつぶれないのか。
いつまでも元気に回収に来て欲しいです。"

ジャニランド公式サイト→http://janiland.jp/
Copyright © 2012 大阪で古紙回収業者選びガイド. All rights reserved