トップページへ戻る > 古紙回収に対するいろいろな思い出

古紙回収に対するいろいろな思い出

私の地元でも、古紙回収に関しては、ほかのごみと違い、いろいろなルールや見張りなど、かなりうるさい部分が多いですね。一時期、勝手に古紙回収をする業者などがあらわれて、かなりもめたニュースなどもありました。古紙を回収したお金の一部は、自治体などに払われるため、よくもめますね。また、製紙会社の脱色洗剤などの影響で、回収ルールも、場所によって違いもあり、おおむねダンボール、新聞、雑誌、雑紙などの分別の必要性があるみたいですね。噂ですが、どのくらい儲かるか聞いたことがありますが、トラック2台分回収しないと儲からないと聞いた事がありますが、古紙にも相場があり、景気が悪くなったり、チップの値段が下がると、古紙の相場も下がるそうです。最近では、電子書籍や、若者の本離れもあり、古紙回収の量も少なくなる傾向が見えます。また、日本の製造業の海外移転で、工場から出るダンボールも減ってきているため、製紙会社も海外移転や、特殊紙などへの業態変更が進んでいるみたいです。私の地元でも、ちりがみ交換の車などは、ほとんど見なくなりました。昔は、毎日のようにいろいろな業者が町を走り回っていましたが、やはりあまり儲からないらしいです。近年の経済や、ネットの進化が、古紙回収の世界にも大きく影響されているみたいです。


Copyright © 2012 大阪で古紙回収業者選びガイド. All rights reserved